ツーリング飯~イタリア編

ツーリングの楽しみと言えば、なんといっても旅先で食べるご飯です。海外ツーリングの場合もそれは同じ!

どこの国が美味しかったと言われると、やっぱりまずイタリアが思い浮かびます。イタリアといえばピザやパスタが思い浮かびますが・・・実はその通り、本場でも気軽にどこでも食べられるのはピザとパスタです。

バイクツアーの場合、田舎のドライブインを使うことも多いです。一般にヨーロッパツーリングでランチでレストランを利用すると、1時間~2時間くらいかかることがあるので、ガソリンスタンドのサンドイッチで済ませることが多いですが、イタリアには気軽に手早く食べられるトラットリアもときどき見かけます。


田舎の小さな店でも、シンプルなパスタが美味しいのはやっぱりイタリア!

でも、たまには外れもあります・・・ 駄菓子屋みたいなドライブインに入ると、ずらっとパスタのメニューが揃っていましたが、冷凍チンをそのまま出すような店もありました(^_^;) 器まで冷凍パックのまま。これはこれで、イタリアでもこんなスタイルがあるんだな、というのを勉強したということで・・・

イタリアに限らず、ヨーロッパの町の中心地は石畳の旧市街になってることが多く、大型バイクツーリングの場合、町の中心まで入ってウロウロするのはちょっと難しいです。ベスパなどスクーターツーリングの場合はガタガタの石畳でも平気です。小さな隙間にバイクを止めて、気軽のカフェにも立ち寄れます。

ディナーは失敗したくありません。美味しい店を確実に見つける簡単な方法はホテルに聞くことです。ガイドブックに載ってる店に行く必要はありません。外国人観光客向けに大々的に写真付きメニューを出してる店は、正直言ってハズレが多いです。こんな感じで、やや控えめなところが当たりが多い気がします。

レストランの夕食は少し遅めに始まることが多いので、それまで軽くビールやワイン、ブルスケッタなどをかじりつつ、夜を待ちます。

僕はボンゴレが一番お気に入りです。日本のボンゴレってなんとなくスープパスタっぽいですが、本場はペペロンチーノっぽい濃い味付けとなってます。地方によってはその地域の名物メニューがあり、右の写真はオルヴィエート地方名物、カルボナーラのトリュフまぶしです。

もちろんピザやパスタ以外に、ちゃんと肉料理や魚料理があるのですが・・・毎回、ついついピザやパスタを選んでしまってます。だって美味しいから!

夜はたっぷり食べるので、朝はシンプルなご飯で十分。小さな旅館では部屋に焼き立てのパンを持ってきてくれることもあり、自分の部屋でゆっくりと朝ご飯。ビュッフェスタイルの大きなレストランより、こんなスタイルのほうが落ち着きます。

イタリアツーリングの飯はこんな感じです。次回はどこの国になるかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です