プライベート・クルーズで行く大久野島~ツアーレポート

プライベート・クルーズで行く大久野島~ツアーレポート

「やっぱ広島じゃ割」適用プラン!

広島県独自の観光支援制度「やっぱ広島じゃ割」で行くプライベートクルーズに行ってきました!今回の旅行ではお一人様15,000円引き+観光支援クーポン券2,000円(お人様あたり)が付くお得なプランです。

「やっぱ広島じゃ割」は12月31日予約分まで。詳細はこちら!

出航当日の広島観音マリーナホップ。素晴らしい日の出が見えたと思ったんですが、この直後にバラバラと雨粒が・・・天気予報は晴れだったのに、なぜ!?雨雲レーダーを見ると小さな雲がちぎれちぎれに漂っていて、大きな雨にはなりそうにないので、ちょっとだけ安心。

まずは呉港の沖を航行。海上自衛隊基地には潜水艦が3隻、確認できました。朝の冷たい空気にディーゼルエンジンの蒸気がモクモクと出ていて、いい感じ。

ウサギの島、大久野島へ!

約2時間の航海のち、大久野島に到着。まずは大久野島休暇村で郷土料理のランチ。写真は竹原地方の郷土料理「魚飯」です。海鮮お茶漬けのような料理でした。このツアーではお昼のランチ、ウサギの餌、そしてこの後訪れる予定の瀬戸田・耕三寺の入場料がツアー代に含まれています。

コロナの後、観光客が減って激減したと言われている大久野島のウサギ。確かに以前のようにめちゃくちゃたくさんはいませんが、それでも島のあちこちにいます。白いの、茶色いの、黒いの、大きいやつ、小さい子など、いろんなウサギに会えました。

さて、本来のプログラムでは、この後に瀬戸田に向かう予定でしたが、「瀬戸田は行ったことがあるので、もっと大久野島でのんびりしたい」というお客様のご要望で、あっさり予定変更。大久野島の滞在時間は11:30~14:30と3時間とることができました。レンタルサイクルを借りて島を一周など、たっぷりメルヘンの島を楽しんでいただけたかと思います。

予約困難な人気クルーズ船「シースピカ」もやってきました。こちらは三原、瀬戸田、大久野島、御手洗とアイランド・ホッピングしながら進む観光クルーズ船です。こちらの船もいいですが、好きなように行程をどんどん変更・アレンジできるのも、プライベートクルーズの魅力です。

帰りの航路はちょっと遠回りして多々羅大橋、大三島橋と「しまなみ海道」の下をくぐっていきました。瀬戸の海は航路の取り方によって、全然違う風景が見れるので飽きることがありません。

音戸の瀬戸を通って広島へ・・。ときどき雨にも降られましたが、虹も見ることができました。午後は冷たい強風が吹き荒れ、船も揺れてちょっと大変でしたが、良い日帰りクルーズになったかと思います。

宮島に沈む夕日がドラマチックに旅のフィナーレを演出してくれました。壮大な日帰りクルーズでした。

ご参加いただいたM様、ありがとうございました!(添乗員:吉岡より)