1990年代の海外ツーリング~オーストラリア編

バルコムツアー海外ツーリング担当、吉岡の初めての海外ツーはオーストラリアです。

島根大学を1年で中退し、チャレンジしようと思っていたことがうまく行かず、モヤモヤしていたときに良く読んでいたのはバイク旅の本。賀曽利隆さん、寺崎勉さん、戸井十月さん等の本に感化されて飛び出しました。一生に一度と思って旅に出たオーストラリア。1994年、22歳でした。

その後、オーストラリアだけでは飽き足らず、バイクで世界一周したいと思うようになり、ぜひ賀曽利さんの話を直接聞きたい!と思って松江から寝台特急「出雲」で東京まで会いに行ったこともありました。その後、東京の道祖神に入社し、まさか一緒にアフリカを走る仕事をすることになるとは夢にも思いませんでした・・・。右の写真は昨年、広島のライダーハウスに遊びにきてくれた賀曽利さんと久々に再開したの図です。賀曽利さんの本を読んでなかったら、海外ツーには目覚めていなかったです。

初めてのオーストラリアは1カ月。バイクレンタルは2週間。ブリスベンで借りてウルル(エアーズロック)まで走って、アリススプリングスでバイクを返すというプラン。このわずか2週間の間には様々なドラマが・・・

それはまた次回(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です