南国のメルヘン街道~NZ妄想ツーリング(その3)

NZツーリング3日目。湖畔のリゾート地、クイーンズタウンを出発して北へ向かいます。(写真提供:Bularangi Motorbikes)

ときどき、峠道も越えていきます。今日も道は優しいカーブと緩やかな勾配の道が続きます。

ミルキーブルーに輝くプカキ湖まで出てくると、万年雪を被ったサザンアルプスの山並みが見えてきました。真正面の大きな三角の山がマウントクック!現地のマオリ語で「アオラキ」と呼ばれています。

「アオラキ」とは「雲とを突き抜ける山」という意味。雲を突き抜けるマントクックに向かって、まっすぐ続く道を走る!

そして道は突き当りとなります。山の麓にビジターセンターがあり、ここが折り返し地点。

旅の後半は果てしなく続く大平原を走行。11月~1月は路肩に紫色のルピナスが咲き乱れています。

小さな教会が有名なテカポを過ぎ、ひと山超えるとクライストチャーチはもうすぐです。大きな町を通過しないニュージーランドツーリング。渋滞どころか信号さえも滅多に見かけません。

南国のメルヘン街道ツーリング。ツーリングに適した季節は11月~4月。GWもまだ大丈夫です。来年のツアー実施を目指します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です