レトロ自販機食べ歩きツーリング(島根・山口編)

ここ数年、首都圏ではレトロ自販機が流行ってるそうです。昔は長距離ドライバーの憩いの場だった自販機レストラン。最近の日曜日は家族連れで賑わっているとか・・・

僕が免許を取ったのは30年ほど前。島根の大学を中退?してすぐに免許を取りました。免許を取りたての頃は夜中から朝まで、徹夜で走り回ったものです。当時、島根県の国道にはコンビニもほとんどなく、深夜のドライブインといえば「コインレストラン」でした。その頃から続いてる店が今でも現役で残っているのは嬉しい限りです。この写真は浜田の国道9号沿いにある「ドライブイン日本海」。

国道191号線で益田に出る手前には、こじんまりしたお店「風花」さんがあります。

しかしながら、このエリアで最強クラス(?)な自販機うどんの店は何といっても益田郊外、国道9号線にある「後藤商店」さんでしょう。なんとマシーンが3機も並んでいます。圧倒的な迫力。テーブルの配置もテラス席になっていて、開放感あふれるレイアウト。道行くバイクやトラックを眺めながら、のんびりとランチタイムが楽しめます。

コインを投入すると「調理」が始まります。「あと〇秒」の表示がなんともいえません。完成したうどんも昭和のぬくもりが感じられます。

さて、ツーリングは9号線を南下して日原へ。「道の駅シルクウェイにちはら」にラーメン自販機を発見しました!

日原から国道187号線で岩国方面へ。しばらく山深い道を抜けて、あともう少しで岩国、そろそろ休憩したいナ・・・と思ったところに現れる巨大な看板の「観音茶屋」さん。壮大です!ただ、この看板の商品は今ではほとんど残っていませんが・・・

1つ、レアな自販機がありました。なんと、浜田にある「ドライブイン日本海」の看板キーホルダーの自販機がありました。こんなもの、誰が買うんだろう?と思いつつ私は買ってしまいました。

ツーリングも終盤。錦帯橋をバックに記念撮影して・・・

最後のシメは錦帯橋のすぐ近く、岩徳線のキハを眺められる「ドライブイン欽明館」さんにて。

肉蕎麦を美味しくいただきました。浜田、益田、岩国を巡るこの周遊ルート、実に6軒ものレトロ自販機店を巡る黄金の日帰りツーリング・ルートなのでした。気になる方はぜひ、トライしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です